名入れ無料 ハイシーBメイト2 2021年新作 150錠

ハイシーBメイト2 150錠

1672円 ハイシーBメイト2 150錠 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 皮膚の薬 第三類医薬品 【名入れ無料】 ハイシーBメイト2 150錠 1672円 ハイシーBメイト2 150錠 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 皮膚の薬 第三類医薬品 ハイシーBメイト2,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 皮膚の薬 , 第三類医薬品,150錠,/Gaonic993014.html,www.cocdaycare.com,1672円 ハイシーBメイト2,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 皮膚の薬 , 第三類医薬品,150錠,/Gaonic993014.html,www.cocdaycare.com,1672円 【名入れ無料】 ハイシーBメイト2 150錠

1672円

ハイシーBメイト2 150錠



【注意!】こちらの商品は医薬品です。
医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい。

商品名

【第3類医薬品】ハイシー Bメイト2 150錠

内容量

150錠

商品説明

●肌あれ・にきびの改善を助ける2つの主成分
脂質やたんぱく質の代謝を助け、体の内側から「肌細胞の生まれ変わり」を助けるビタミンB2・B6
●肌あれ・にきびの改善を助ける4つの成分
(1)コラーゲンの生成に欠かせないビタミンC
(2)肌の代謝(ターンオーバー)を助けるL-システイン
(3)脂質の代謝を助けるビオチン
(4)不足すると肌あれが起こりやすくなるニコチン酸アミド
●1日1回、1回2錠(15歳以上)、のみやすい白い錠剤です。
●シュガーレスです。

使用上の注意

●■相談すること
1.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:胃部不快感、悪心・嘔吐、腹痛
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
2.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談すること
下痢

効能・効果

次の諸症状の緩和:肌あれ、にきび、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎。
次の場合のビタミンB2B6の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時
ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。

用法・用量

●次の量を、水またはお湯で、かまずに服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:2錠:1回
7歳~14歳:1錠:1回
7歳未満:服用しないこと
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。
(3)1日1回、いつ服用してもかまいません。

成分・分量

2錠中
成分:分量
リボフラビン:30mg
ピリドキシン塩酸塩:100mg
アスコルビン酸(ビタミンC):150mg
L-システイン:60mg
ニコチン酸アミド:60mg
ビオチン:75μg

添加物

ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,セルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),エリスリトール,マクロゴール,酸化チタン,アラビアゴム,タルク

保管及び取扱上の注意

※こちらの商品は、使用期限が【12ヶ月】以上ある商品を販売させていただいております※
(1)小児の手の届かない所に保管すること。
(2)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(3)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(4)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(5)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するた

問合せ先

アリナミン製薬株式会社株式会社「お客様相談室」
電話番号:0120-567087
受付時間:9:00~17:00(土,日,祝日を除く)

製造販売会社

アリナミン製薬株式会社株式会社

販売会社

剤形

錠剤

商品区分

第3類医薬品

広告文責

株式会社サンドラッグ/電話番号:0120-009-368

JAN

4987123143684

ブランド

ハイシー

※パッケージ・デザイン等は、予告なしに変更される場合がありますので、予めご了承ください。

ハイシーBメイト2 150錠

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

関連記事

喫煙者本人の健康影響

喫煙はがんをはじめ、脳卒中や虚血性心疾患などの循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や結核などの呼吸器疾患、2型糖尿病、歯周病など、多くの病気と関係しており、予防できる最大の死亡原因であることがわかっています。
また、喫煙を始める年齢が若いほど、がんや循環器疾患のリスクを高めるだけでなく、総死亡率が高くなることもわかっています。

受動喫煙 - 他人の喫煙の影響

喫煙者が吸っている煙だけではなくタバコから立ち昇る煙や喫煙者が吐き出す煙にも、ニコチンやタールはもちろん多くの有害物質が含まれています。本人は喫煙しなくても身の回りのたばこの煙を吸わされてしまうことを受動喫煙と言います。
受動喫煙との関連が「確実」と判定された肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群(SIDS)の4疾患について、超過死亡数を推定した結果[1]によると、わが国では年間約1万5千人が受動喫煙で死亡しており健康影響は深刻です。

禁煙の効果

長年タバコを吸っていても、禁煙するのに遅すぎることはありません。また禁煙は病気の有無を問わず健康改善効果が期待できるので、病気を持った方が禁煙することも大切です。つまり病気の予防だけでなく一病息災においてもまず取り組むべき課題です。

加熱式たばこの健康影響

たばこ葉やその加工品を電気的に加熱し、発生させたニコチンを吸入するたばこ製品。紙巻たばこに比べて健康影響が少ないかどうかは、まだ明らかになっていない。

用語辞典

三次喫煙(サードハンド・スモーク)

タバコを消した後に残留する化学物質を吸入すること。残留受動喫煙、サードハンド・スモークとも呼ばれる。

副流煙

たばこを吸う際に発生する煙のうち、たばこの先端の燃焼部分から立ち上る煙のこと。

ニコチン依存症

血中のニコチン濃度がある一定以下になると不快感を覚え、喫煙を繰り返してしまう疾患。